管理人ザキの日記


by zaki-zaki-blog

海猿

おととい映画観てきました~。
映画日記も久々ですね~。
実はGWにチェケラッチョも観てきたのですが、
これの講評はまた今度ということで・・・・(ホントにやるのか!?)(笑

Limit of Love 海猿

彼氏にどうしても見たい!!と言われたのでついていきました。
本当はニューワールドのほうが良かったザキだったのですが、
2人で別々の映画を観るのもおかしな感じなので
とりあえず観ようかなという感じで見てきました。


<ストーリー>

主人公、仙崎大輔(伊藤英明)は海猿と呼ばれる海上保安庁の潜水士。
新たにバディーとなった吉岡(佐藤隆太)とともに仕事をしている。
結婚目前のデザイナーの彼女、環菜(加藤あい)とはなかなか会えないでいるのだが、久しぶりの再開に心躍らせていた。環菜は20時間もかけて東京から車で仙崎のもとまで来たのだが、これにはわけがあった。結婚に煮え切らない仙崎に、自分が作ったウェディングドレス姿を見せるためだった。その姿を見せると、予想に反し戸惑いを見せ結婚を考え直させてくれという仙崎。環菜は傷つき、フェリーで東京に帰ることになる。しかしなんとそのフェリーで事故が起こるのだった。
6百数十名載ったフェリーの乗客はそのほとんどが避難することができたものの、仙崎、吉岡を含め、船の売店の売り子で妊娠中の本間(大塚寧々)、車を大切にしている足を怪我して歩けない海老原(吹越満)が船の中に取り残された。しかも、脱出は不可能だと思われ本部は救出をあきらめる。かつての仙崎の上司だった下川と、彼女の環菜を除いては。
助けもなくなり、絶体絶命の状況の中、仙崎たちは何とか脱出のための道を見つけ出口に向かう。ようやく出られると思ったそのとき、船内が崩れ、吉岡が取り残されてしまう。必死に助けようとするが、どうしても3人では助けられそうにない。仙崎は吉岡に残り少ないボンベを託し必ず助けに来ると約束する。
その後もアクシデント満載。本当に4人は無事脱出することはできるのか!?そして仙崎と環菜の恋の行方は!?



はぁ~~。
ハラハラし通しでした。
そして泣きどころ、感動どころ満載の映画でした。
女の人は大概、環菜に共感して泣く方が多かったみたいですね。

ザキも仙崎のプロポーズシーンで泣きそうになりました。


今回からは、おすすめ度だけじゃなく、他の指標も入れてみようと思います。
でも、あくまでザキ指標なので悪しからず・・・・・

<感動度>    ★★★★☆
<おもしろ度>  ★★★☆☆
<ハラハラ度> ★★★★★

<オススメ度>  ★★★★☆



続き物って後になるほどつまらないことってあると思うのですが、
これに関してはそんなことないと思いました。
まぁ、うまくいきすぎだろとかいうツッコミを置いておけば
かなり面白いと思います。
カップルで行けばラブラブになること間違いなしです。

海猿HP
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2006-05-17 08:03 | 映画日記