管理人ザキの日記


by zaki-zaki-blog

<   2005年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

窓が揺れてる・・・

ザキのお隣さんは両方男の子です。
片方は1年生、もう片方はザキと同じ3年生です。

1年生のお隣さんのほうはいたって静かに暮らしてくれるのですが、
もう片方のお隣さんはいつも彼女や友達が来ていてうるさいこともあります。
最近はベランダに女物の下着や服が干してあるので彼女とほぼ同棲な感じです。

最近ザキが家に1人でいると
たまに窓が揺れます。

カタカタカタカタ揺れます。

そう。
うるさいほうのお隣さんから・・・・・

べつに一緒に暮らすのはかまわないけど少し静かにヤって・・・・・

発情期の男女ほど周りが迷惑するものはありません(--;)


でも、
人の振り見て我が振り直せ
という言葉があるように
ザキも気をつけて暮らそうと思います。
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-21 00:47 | つぶやき日記

養護学校

ザキ、今日は授業を休んで養護学校に行って来ました。
ザキは教職を取っているのですが、中学校の免許を取るときには
「介護等体験」というのが必要なのです。
ということで今日と明日の2日間養護学校で体験してきます(何を??)

ザキは朝早く起き、自転車をこいで向かいました。
既に遅れ気味だったので、猛スピードでこぎまくりました。

やっと着いたと思い中に入ると・・・・

思いっきり変な目で見られました。
それもそのはず。

隣の建物だったんです(汗

もう朝からグダグダです。
だって学校並みに大きかったし・・・・・(言い訳)

建物を間違えたにもかかわらず何とか到着し、説明を1時間ほど受け体験開始。
学生は20人ほどでした。

ザキの配属は小学校1年生のクラスでした。
3組編成の学年でしたが、1クラスは障害の軽い子のためのクラスで、あとの2クラスは障害の重い子のクラスでした。ザキは後者に配属されました。

ザキは今までボランティアとかにも行ったことなかったので、
障害のある子のお手伝いをしたことはほぼゼロでした。
ザキの担当したクラスの子たちは肢体障害を持ち、知的障害も持つという今まで見たこと、勉強したことしかない子どもたちだったのでどう接していいか全く分かりませんでした。
小学校1年生というと、言葉が通じて話せるというのがザキの今までのイメージだったのですが、彼らのなかには言葉が通じているのかも分からない子も多くいました。
小学1年生だけど1~2歳児と接しているような感じです。

ザキが主に担当したMちゃんは、言葉は通じるけどしゃべるときに何を言っているのか本当に注意しないとわからないという子でした。
表情や身振りでなんとなく分かるけど、まだ知り合って間もないザキとMちゃんが分かり合うということはザキにとってとても大変なことでした。
さらに、バギーに乗せて移動するのですが、乗せるのも降ろすのもトイレに連れて行くにも手を洗わせるときも今まで体験したことのない大変さでした。
先生たちはこれらの作業を毎日やっているのだと思うと、教育と介護の両立というのがいかに大変かが分かります。

ようやく午前中の授業が終わり、1年生は下校しました。

しかしここからが大変でした(--;)
明日の文化祭に向けて準備が始まったのです。


掃除を終わらせ、ザキたち学生は先生方のお手伝いです。
教室中に幕を貼って作品を飾り付けていきます。
1つの教室に何人もいるわりになかなか作業は進まず・・・・
ようやく終わったかと思いきや別のところで看板作りをやらされました。
本来なら子どもたちがやることですが、彼らも忙しいので代わりに先生方がやるのです。
「子どもたちの」文化祭というより、「先生たちの」発表会という感じです。

そんなこんなでようやく5時になり帰れる事になりました。
結局ザキはそのあと講座に出たため
9時過ぎまで家に帰れませんでした(T_T)
 


[今日思ったこと]
介護体験て何??
結局介護は午前中しかしてないよ??


なんというか・・・・これでいいのか・・・・・?
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-20 23:46 | つぶやき日記

ペットのお世話

ザキ、最近またダメダメなことを再度始めてしまいました。

これです↓
d0034082_1152048.gif
Copyright 2003-2005 Sony Communication Network Corporation


知っている方もおられるかもしれませんが、これはLIVLYという生き物をお世話する育成ゲームです。これは世話をしないで放っておくと家出をしたり、空腹で死んでしまったりします。
しばらく面倒くさいので止めていたのですが、ひょんなことからまた始めてしまって毎日このページに行ってます。

この育成ゲームをしていると思うのが、
「なにやってんだろ、私・・・・(--;)」
ということです。

このサイトは無料でもできるし、有料でオプションをつけたりもできるのですが、別に生産的なことをしているわけではありません。
むしろレベルを上げたり色を変えたりする手間を考えるととても無駄です・・・・・

しかし、子どもから大人までこのサイトを利用していることは事実です。
マンション暮らしでペットを飼えないことが原因なのか、
実生活で育てるのが面倒くさいのが原因なのかかはわかりません。
はたまた仲間探しのためにやっているのかもしれません。
現実世界の憂さ晴らしのためにペットをわざわざ次々に死なせる人もいます。
きっとザキのように無駄なのはわかっているけどやめられないという人もいるでしょう。

このペットをほうっておくと死んでしまうとさっき説明しましたが、
このペットの死はあくまでデータの消去です。
なのに
かわいそう・・・・・
と思って、一度始めるとなかなかやめられなくなります。
しかもかわいいいし(’ワ’)ノ
また、下手にレベルを上げると簡単には手放したくない気持ちにもなります。

また脱却しなければならないことはわかっているのにやめられないザキは
ホントにダメ人間かもしれません(=|=;)
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-19 01:40 | だめザキ日記

この胸いっぱいの愛を

最近映画行きまくりのザキです。


ザキ、昨日はまたもや邦画を見てきました。
伊藤英明主演の

「この胸いっぱいの愛を」

です。


黄泉がえりのスタッフが贈る・・・・・
という呼び込み文句でして、かなり期待度大!!
と思って行ってきました。
トレーラで見てもなかなか良さそうでした。そして泣けそうでした。

ストーリー
故郷である門司に向かった主人公・鈴谷比呂志(伊藤英明)は、かつて自分が住んでいた20年前の北九州・門司にタイムスリップしていることに気づきます。そこで彼は、難病にかかり手術を拒否してこの世を去った、大好きだった“和美姉ちゃん”(ミムラ)に再会します。和美を救えなかったという思いは、比呂志の胸の中にずっとひっかかっているものでした。20年前のいまなら、和美姉ちゃんを救えるかもしれない・・・目の前にいる20年前の自分“ヒロ”は、これから和美の身に起こる悲しい出来事を知りません。当然のことながら、“ヒロ”の気持ちが痛いほどわかる比呂志は、現在の自分と過去の自分の狭間で葛藤しながら、かつての自分が叶えられなかった願いを果たそうとします。
一方、比呂志の周りには、同じくタイムスリップした境遇の異なる人々がいました。それぞれに、この時代に思いを残した3人の人々。20年前の1986年を舞台に、彼らの思いが呼び寄せる物語が展開し、その過程で、なぜ比呂志たちはタイムスリップしたのか-予想外の事情が明らかになっていきます。(公式ページより抜粋)

ザキはきっと泣けるという確信を持って観ることにしたのですが、
意外に泣けませんでした(・_・;)
すごく切なくすごく感動するだろうという期待が大きすぎたせいだったのでしょうか・・・
だって

「かけがいのないパートナーに、まだ会ったことのない母親に、優しかった隣人に、そして彼は初恋の人に・・・・・」

という下りを何度も映画館で見せられていたのです。
これはいいぞ!!と思っていたのでなんだか気が抜けました。
ぐっと来る場面も何度かあったし、
実際泣かせようとしてるところも結構あったと思うのです。
だけど、トレーラーを見すぎたせいか思うように心震えず。

ただ、ザキは気になるところがひとつありました。
それはこの映画が、
未来からの“黄泉がえり”
だと謳われていたことです。
ただのタイムスリップの話なのになぜ・・・・
というのは最後のほうになってからようやくわかりました。
てか、
ストーリー展開に手を抜きすぎだろ(--;)

黄泉がえりとストーリ展開が似てました。
黄泉がえりのスタッフだからだろうか・・・・・
確かにいい話なんですが、
さすがに展開が似てると萎えます。

スタッフ、そしてファンの人には申し訳ないですが、
ザキは借りて観ても良かったかなぁ、という風に感じました。
風景のことを考えると一概にそうとも言えないけど。
門司のあの風景はザキの心をくすぐります。

行ってみたいな門司のまち・・・・・見たいなバナナの叩き売り(笑)

涙もろい人だったら泣けるだろうということで・・・・・

オススメ度 ★★★☆☆

風景は結構いいと思います。
そして突っ込みどころもいくつかあります。
でも意外性に欠けるという点で星三つ。

この胸いっぱいの愛を公式HP
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-16 00:22 | 映画日記

蝉しぐれ

昨日ザキはオタクと呼ばれたことにショックを受けつつ、
お腹を空かせたまま映画のレイトショーに行ってきました。

朝早くから起きてレイトショーというのはきつかったのですが、
蝉しぐれはかなり面白かったので入り込んで観てしまいました。

蝉しぐれだけじゃなく最近日本映画面白いですね。
ザキの映画日記の中でも結構日本映画出てきたと思いますが、
とうとう今っぽい映画から蝉しぐれという文学系映画にも手を出してしまいました。
今度ハリウッド映画でもSAYURIという日本を舞台にした映画があるそうなのですが、
これも観てみようかなという感じです。

蝉しぐれストーリー
下級武士である養父の下で育った牧文四郎。だが、父はお世継ぎを誰にするかという藩の派閥抗争に巻き込まれ、冤罪によって切腹を命じられる。
父の亡骸を家まで運ぶ際、誰も手伝ってくれることはなかったが、たった一人幼馴染のふくだけが文四郎に何もいわず手伝う。
その後、江戸に行くふくと貧乏長屋に住む文四郎は離れ離れに。謀反人の子として数々の試練が待ち受けるが、幼なじみたちの助けと、剣の鍛錬によって日々を質素に、そして懸命に母とともに生きる。
ある日、文四郎は筆頭家老から牧家の名誉回復を言い渡されるが、これには深い陰謀が隠されていた・・・。青春の儚い恋と友情を、美しく広大な日本風景の中で描く。


とても切ないお話です。
そして日本の美しい風景とストーリーがマッチして感動の仕上がりになっています。
時代劇苦手という人でも結構入り込めると思います。

オススメ度 ★★★★★

文句なしにいいです。何も言わずに観てください・・・・・
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-08 13:32 | 映画日記

オタクとは何ぞや?

昨日ブログを色々といじり終わった後に
「そんなブログばっかりいじっているのはオタクみたいだ。映画でも行こう。」
とショックなことを言われたので、重い腰を上げて行ってきました。
くそう(`-´;)オタクだなんて。自分なんて毎日ゲームやってるくせに・・・・・

ま、ザキがオタクだなんてことはおいといて、
昨日のスーパーニュースでオタク市場が日本経済を左右しているという話題が出ました。

野村総研がインターネット上でオタクに関するアンケートをしたところ、
現在オタクは全国に172万人いるそうです。
ちなみにオタクの定義とは何なのでしょうか?
野村総研によれば、
こだわりを持つ分野にお金と時間をつぎ込み、特有の心理特性を持つ層のことだそうです。
オタクはちなみに12分類されるそうです。多いな・・・
ということは、アキバ系のオタクも、中高年のヨンさまマニアもすべてオタクということになりそうです。ん~これは興味深い。

ザキの中ではオタクというとアキバ系のオタクだけをイメージしてたのですが、
ヨンさまファンもオタクだと言われても分るような分からないような・・・・・
これだと、「チャングムの誓い」にずぶずぶとハマり、
毎週毎週レンタルビデオ屋に足繁く通う実家のザキ父もオタクなのでしょうか。
ということはザキはブログにこだわりを持っていないしお金はつぎ込んでないから
オタクということにはならないんじゃなかろうかと思うわけです。

4000億円と試算されるオタク市場。
日本経済のなかで見逃せない層だなぁ。
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-08 12:38 | マジバナ日記

実習長

たまにはマジメな話でもしましょうかね。
一応大学生だし。

今日病院に行ったあと急いで授業に出ました。
でもやっぱり遅れてしまったので白い目で見られました(汗

受けたのは「社会調査実習」という授業です。
今期はNPOの評価をしようという趣旨です。
はづちをというNPOを半年かけてどのくらい役に立っているのか調べるのです。
ザキは一応政治系のことを専攻してるので、社会調査とかやっておくとあとあといろんなことに役立つはずです。

今日はザキのゼミの先輩でもあるWさんの報告でした。
Wさんは夏休み中はづちをにインターンに行っていたのでいろいろ教えてもらうわけです。
とても張り切って報告してくださいました。
どうもありがとうございます(^∀^)

はづちをは街の活性化を進めるNPOなのですが、なにせこの温泉街が悲しいほどに寂れているのです。ザキはこういう温泉街好きですが、やはり街は人がいっぱい集まって賑わっているほうが地域のためにはよいのです。
ザキは夏休み中Wさんのインターン中お邪魔していろいろ案内してもらいました。
そしてこれがその写真(この中にWさんが隠れてます)
d0034082_18512883.gif
d0034082_18532112.gif
d0034082_18541119.gifd0034082_18522447.gif

突っ込みどころ満載!!の写真たちですが、これらの写真を見ればこの温泉街がもっと活性化されなければならないという使命感にメラメラと火がつく人もいるのではないでしょうか。
それはともかくザキは後期のこの半年、大きくこの街に関わることになりそうです。

楽しみでもあるのですが、今日遅れて行ったせいで実習のリーダーにされてしまいました。
リーダーといっても雑用係なのです。面倒さいな…6(・ ・;)

まぁそれはともかくWさんにはこれからゼミだけじゃなくいろいろお世話になるのでなにか恩返しをしなければいけませんね。なにかあったら何なりとザキにお申し付けください☆

あ、一応これがはづちをのHPです。
はづちをHP
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-07 19:18 | マジバナ日記

今日は病院

ザキ、今日は病院に行ってまいります。

1ヶ月に1度は必ず行かなければならないのですが、いつも授業とかぶって困ります。
てか今日も欠席厳禁の授業に遅刻しそうな予感。(・ ・;)

行くのもめんどくさいから薬だけ欲しいです。
というと薬物中毒みたいですが、
ザキは薬がないとまず生きていけない体なので(ますますヤク中みたいだ・・・
何日か飲み忘れたりするとすぐに体調不良に見舞われます。

注射もされるのでとってもゆううつです。
針が超太いので何年たっても嫌です。
刺し違えられたこともあるし(爆

何はともあれさっさと終わらせたいです。
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-07 09:52 | つぶやき日記

映画漬け

10月最初の土曜日、映画にいきました。

その日はなんと1本¥1000

この知らせを聞いたザキは、早速映画館に行きました。

本当はある作品を観たかったのですが、
ザキが準備をもたもたとしていたせいで時間がなくなって別の作品を観ることになりました。
1本目はSIN CITY
2本目はチャーリーとチョコレート工場
3本目は8月のクリスマス
でした。
ちなみに観たかった映画というのは蝉しぐれです。


1日に3本も映画を見るなんて初めての体験でした。ホント疲れました。
だけど、やっぱり映画はいいですよ(水野風)

なんか映画を撮りたくなってしまいました。
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-03 23:45 | 映画日記

1本目

SIN CITY

ザキはアクションものはあまり好まないのですが、
なんたって¥1000でしたから。

ストーリー
この作品はBASIN CITYというある街を中心に語られます。
3つのラブストーリーが1つの作品で見られます。

まず1つ目が、
マーヴ(ミッキー・ローク)とゴールディー(ジェイミー・キング)
のエピソード。
酒場で出会い、一夜を共にした2人だったが、ゴールディーが何者かに殺害されてしまう。その容疑者に上がったのが、共に寝ていたマーヴだった。マーヴはゴールディーの敵討ちのため、そして自分のため容疑者に仕立てあげようとする悪に立ち向かうが・・・・・

そして2つ目が
ドワイト(クライヴ・オーウェン)とゲイル(ロザリオ・ドーソン)
のエピソード。
見つかれば死刑のドワイトは整形をして逃げ回るが、その途中、娼婦街のボスで元恋人のゲイルの起こしたトラブルを解決するためSIN CITYを奔走する。

最後に3つ目が
ハーティガン(ブルース・ウィリス)とナンシー(ジェシカ・アルバ)
のエピソード。
幼女に次々と手をかける街の権力者の息子ロアークJrから幼いナンシーを助けた老刑事ハーティガンは相棒の裏切りで瀕死の危機陥った上、無実の罪を着せられる。8年の牢獄生活を送るが、ナンシーの危機を救うため、再び命を懸けて立ち上がった。

このSIN CITYという話、元はフランク・ミュラーという人が書いたアメコミなのですが、その世界が結構忠実に再現されてるみたいで、ほとんどのシーンは背景が合成なのです。
ザキは、その技術もさることながら、映像美にも心奪われました。
とても印象的な映像なので、アクション嫌いな人でも一見の価値ありです。

ただ、3つの話が交錯して分かりにくいかもしれないので、見に行く人は予習して行った方がいいかも!?

オススメ度 ★★★★☆

予習していけばよかった・・・・・(後悔)

SIN CITY公式HP
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-03 23:43 | 映画日記