管理人ザキの日記


by zaki-zaki-blog

<   2005年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ザキの憂鬱

明日はザキ、病院へ行く日です。
1ヶ月に1回の検診なのですが、とても嫌です。


まず、1番嫌なのは注射。
痛いし!!

次に嫌なのが先生の前で体重計にのらなきゃいけないこと。
毎回のらなきゃいけないのですが、
ザキは確実に太ってきているので毎回

「あ、また体重増えたねぇ・・・・」

と言われます。

ああそうですとも。
着実に増えてますよ!!ザキの体重は!

くっそ~~。
来月こそは

「ん?やせたね。どうしたの?」

と言わせてやる(o`―´)o!!
運動するぞ~~~~。
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-31 22:01 | だめザキ日記

今週は学祭だぁ。

ザキの通う大学は今週大学祭です(^∀^)ノ
別に大学祭自体はいいんですが、

今週は休講がいっぱい!!

今までやれなかったことをいっぱいやりたいと思います。

あ゛~~!
でもやらなきゃいけないこともいっぱい(T_T)

とりあえずパワフルに頑張ります★

そうそう。
今日はハロウィンですねぇ。

Trick or Treat!!
d0034082_21503331.gif

[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-31 21:51 | イベント日記
今月は結構ブログ書いてますね。
忙しかったはずなんだけど、なぜか書いてる。
というより、書いてたから無駄な時間使って忙しくしてしまったのだろうか(自己嫌悪・・・)

公務員試験の勉強しなきゃいけないのに大丈夫なんだろうか・・・・
数的処理も経済原論も大嫌いなのにぃ!!(Y_Y)

しかし、文章書くといろんな人がTBしてくれたりして
次も書こうかなという気になりますね。
ザキは文章力があまりないので見苦しい言葉をよく使ってしまいますが、
そのうち改善するに違いありません。

来月はちゃんと受験勉強もやりつつ、学校の勉強もしつつ、ブログも書きつつ
しっかり自分をブラッシュアップしていきたいと思います。

がんばれ!ザキ!!
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-29 17:01 | つぶやき日記

聡子!!清様!!


今日「春の雪」見てきました。

ずっと見たくて見たくて仕方なかったので、
今日は張り切って早起きして映画館に向かいました。

主演は妻夫木聡と竹内結子でした。
監督は世界の中心で、愛を叫ぶでも有名な行定勲でした。

ストーリー
松枝清顕(妻夫木)と綾倉聡子(竹内)は幼馴染。名門、綾倉家に昔預けられていた清顕と綾倉家の娘聡子は大人になり、お互いのことを意識するようになる。清顕に対して真摯に思いを寄せる聡子に対し、清顕は聡子にそっけない態度をとり傷つけるようなことばかりしてしまう。
松枝家と綾倉家は表面上仲がよいようではあるが、成り上がり者の清顕の父のことを、聡子の父は苦々しく思っていた。そのような中で、綾倉家に宮家との縁談話が舞い込んで来る。華族とはいえ没落している綾倉家にとってはまたとないチャンスだった。煮え切らない清顕に失望した聡子はこの縁談に承諾してしまう。
このとき清顕はようやく聡子のことを愛している自分に気づく。親王の婚約者となった聡子と清顕はこの状況の中で逢瀬を重ねる。しかし、これは禁断の愛。静かに悲しい別れの時は近づいていた。


まあまあ面白かったのです。
映画の世界の描き方がわりと丁寧だなぁと思いました。

しかし妻夫木も竹内結子もいい演技するなぁ。
妻夫木は生意気で不器用な金持ち坊ちゃん大学生の役をうまくこなしていたと思います。
竹内結子はいろんなことを目で語ってる感じ出てました。う~ん実力派だなぁ。

ただ、トレーラーでじわっときそうになったのに、
実際見てみると泣ける場面はありませんでした。
これはザキが庶民過ぎて感情移入できなかったからでしょうか。
別にお涙頂戴の映画が見たかったわけではないんですが「あれっ」て感じでした。

また期待しすぎだったのかな・・・
映画のトレーラーを流されすぎると泣く率が低くなることが判明しました。(ホントか!?)

もしやポップコーン食べながら見てたからその繊細さが十分に伝わってこなかったのかな。
それなら食べなきゃよかった。
ついつい買ってしまったせいで映画の魅力が半減したのかもしれません。
まぁ、今度はおとなしく見るということで・・・6(^~^;)

オススメ度 ★★★☆☆

結末がわかってしまうだけに新鮮味には欠けます。
でも、小説の描写をそのまま映像化した感じはわりと好きです。


春の雪公式HP
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-29 16:38 | 映画日記

パッチギ!

今日授業の合間に見た2本目の作品が
これです。
パッチギ!

井筒和幸監督の作品です。
ザキは初めて井筒監督の作品を見たのですが、
なかなかいけるね。

ストーリー(公式HPより抜粋)↓
1968年、京都。松山康介(塩谷瞬)は府立東高校の2年生。ある日担任の布川先生(光石研)から親友の紀男(小出恵介)と一緒に、敵対する朝鮮高校との親善サッカーの試合を申し込みに行くように言われる。二人は恐る恐る朝高に行くが、康介は音楽室でフルートを吹くキョンジャ(沢尻エリカ)に一目で心を奪われてしまう。しかしすぐに彼女は朝高の番長アンソン(高岡蒼佑)の妹だという事が分かる。

康介は楽器店で坂崎(オダギリジョー)と知り合い、キョンジャが吹いていたのは「イムジン河」という曲だという事を教えてもらう。康介は国籍の違いに戸惑いながらもキョンジャと仲良くしたくて、「イムジン河」をギターで弾こうと決心する。

康介は朝鮮語を覚えるために辞書を買い、坂崎からはギターと歌を教えてもらう。そして坂崎から聞いたコンサートにキョンジャを誘う事にする。勇気を出して電話をすると、その日は自分のコンサートがあるからと断られるが、逆にそのコンサートに誘われた康介は「絶対行きます!」と答えていた。

その日円山公園では、帰国船で祖国に戻る事を決意したアンソンを祝う宴会が行われていた。そこにギターを抱えた康介が現れみんなから訝しげに見られるが、キョンジャの母(キムラ緑子)がキョンジャと一緒に何か演奏するように声をかけてくれた。二人は康介のギターと歌、キョンジャのフルートで「イムジン河」を合奏する。康介はみんなの輪の中に入れてもらい、キョンジャともすっかり仲良くなる事が出来た。

ある夜、康介が川沿いに自転車で走っていると、対岸でキョジャがフルートを吹いていた。康介はいきなり川に入って渡り始める。そしてズブ濡れになりながらキョンジャに「付き合ってくれへんか」と告白する。しかしキョンジャの「もしも結婚する事になったら、朝鮮人になれる?」という質問に、康介は何も答えられなかった。

争い、そして・・・。

アンソンたちは東高校空手部との争いが絶えない。サッカーの親善試合の日も乱闘になってしまい、試合は中止になる。試合後仲間と合流したアンソンは、空手部の大西と近藤たちに待ち伏せされてボコボコにされてしまう。

その頃アンソンの彼女桃子(楊原京子)は産婦人科を訪れ、妊娠している事が分かる。しかし帰国するつもりのアンソンにその事を言い出せず、思わず別れを切り出してしまう。

学校を中退して看護婦になったアンソンの友達ガンジャ(真木よう子)は、ある日お腹の大きくなった桃子を見かけて話しかける。その夜ガンジャはいきなりアンソンに平手打ちを食らわせて「今すぐ桃子に電話しぃ!」と言い残して立ち去る。アンソンは初めて桃子の妊娠を知る。

果たして康介とキョンジャの運命は? そしてアンソンと桃子の未来は?


1969年あたりの話だった。“69”と同じ!?
身近に朝鮮人の友達がいないザキとしてはなんとも不思議な感じでした。
最近嫌韓流という本が出てるけど、
これは日本人と朝鮮人の深い溝と友情が描かれていました。
そろそろ日本も韓国も融和すべき時だと思っていたのだけれど、
あんだけ根本的に嫌われてたらどうしようもないんじゃないかとついつい思います。
別にザキは嫌韓でも好韓でもないけど、分かり合う努力は必要かな・・・・
なんて考えたりして。
暴力シーンがあまり好きではないザキとしては結構見るのが大変だったけど
骨のある映画でわりといいかもしれないと思います。

オススメ度 ★★★☆☆

暴力シーンが多くて怖かったから―★×2
子どもには見せられないと思うのです。
少なくともうちの弟には見てほしくないかも。
確かに面白いけどね・・・

パッチギ!公式HP
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-24 23:37 | 映画日記

俳句はポップだ!!

ザキ、今日学校で空き時間にビデオ見てました。
ベンキョしなきゃいけないのにだめですね~~
しかも2本も・・・・・

その1本目がこの
恋は五・七・五! 全国高校生俳句甲子園大会
です。

名前の通り俳句の話です。

何でそもそもこの映画を見るに至ったのか。
それは、現在公開中の8月のクリスマスにも出ている
関めぐみ
が主人公だからです。

話はこんな感じ↓
帰国子女でクラスになじめない治子(関めぐみ)は、半ば強制的に学校を救うため新設された俳句部に入部する。
俳句部には、見た目重視のチアガール部をクビになったマコ、ウクレレと治子が大好きな不思議少女Pちゃん、野球部万年補欠の山岸、そして寡黙な写真部員ツッチーこと土山がいた。
山岸以外みな俳句に関してド素人。気弱な国語教師マスオちゃんとともに俳句甲子園を目指す。
部員たちの恋模様と風景を爽やかに描きあげた青春ストーリー。


ふざけた題名だなぁと思って手にしたので正直全然期待していなかったのですが、
これが以外に笑える。そして面白い(>▽<)
更に、17文字で情景を切り取る俳句がテーマになっているため
結構風景が美しいんですよね。
しかも青春ドラマというだけあって結構良いこと言ってるんですよ~~。
青臭いけど結構ザキはイイと思いました。

オススメ度 ★★★★☆

足止めて気付く秋の音落ち葉かな

ホントは夏の映画だから夏に見たかったなぁ。

d0034082_22584453.jpg
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-24 23:01 | 映画日記

苗字

ザキの苗字は結構ポピュラーな苗字です。
それゆえどこに行っても必ず同じ苗字の人がいます。

中学のときの先生に変わった苗字の人がいました。
その先生は自分の苗字が変わっていて
絶対に覚えてもらえるということを自慢にしてました。

中学のときまでは変わった苗字だなぁという人とはあまり出会いませんでしたが、高校に入ると変わった苗字の人がいろいろいました。

その中でも、ザキが驚いたのが4文字の苗字の人です。
テストのときとか発狂しそうになるんじゃないかなとか
人事ながら考えていたこともあります。

ザキの苗字はとっても簡単なのでそんな心配は無用です。

自分と同じ苗字の人が全国でそれくらいいるのか調べたい人は下をクリック!!


[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-22 23:52 | つぶやき日記

初コインランドリー

今日は天気がとても悪いのにザキはお洗濯を3回もしました。

当然乾くわけも干す場所もないのでコインランドリーに行ってきました。
大学に入ってはじめてのコインランドリーです。(3年目なのに)

彼氏に車を出してもらい、大量の洗濯物を持っていきました。
かごいっぱいの洗濯物を運び込み、乾燥開始!!

隣ではトランクスがぐるぐる回っていました。
男の子は下着も入れられるからうらやましいですね・・・・
ザキはちゃんと置いていきました。

30分時間があったのでその間に買い物をして戻ってくると
なんとアメフト部の人々がいっぱい。
なんかこういうとこで人と顔をあわせるのは気まずいです(--;)

彼らは先に帰っていったので
ザキたちは乾燥を終えるときちんと洗濯物を畳んで帰ることができました。

シーツも洗ったので今日はよく眠れそうですZzZz・・・・
ふかふかだぁ(*’∀’)ノ
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-22 23:19 | つぶやき日記

アンパンマン??

ザキ、今日は早起きしました。

いつも休みの日は昼過ぎに目を覚ますザキがなぜ早起きをしたのか。
それはちゃんとわけがありました。

今日は朝から養護学校の子どもたちの発表があったからです。

20、21日とザキは介護等体験実習に行ってきたのですが、
子どもたちに
「明日はアンパンマンやるからぜったいきてね!!」
と言われてしまったので行くしかありません。

7時半に起き、友達の知り合いの車に乗って行ってきました。


いよいよ劇発表が始まったのですが、
自分では動けない子もたくさんいるので先生方が忙しく立ち回っていました。

最初の劇は「カラフルずきんちゃん」という劇でした。

赤ずきんちゃんをキャスト増やして現代風に作り変えてありました。ずきんちゃんが3人、おばあさん1人、おじいさん1人、狼3人、小鳥が3人、そして警察官が2人でした。
ストーリーはこういう感じ↓
赤ずきん、黄色ずきん、青ずきんの3人はカラフルずきんちゃんと呼ばれていた。カラフルずきんはおばあさんに頼まれて森に住むおじいさんにパンとぶどう酒を届けに行くことになる。カラフルずきんたちは途中狼たちにそそのかされて小鳥と一緒に花を摘む。その隙にうまく立ち回って狼たちはおじいさんを食べてしまう。そのあとに向かったカラフルずきんたちもそれぞれ食べられてしまう。しかしカラフルずきんたちの帰りが遅いのを心配したおばあさんが警察に連絡。警察は寝ていた狼たちの腹を切ってカラフルずきんとおじいさんを助け出す。

この話、ザキ的には結構ウケました。
だって、おじいさんはどう頑張ったって一呑みにはできないでしょ?
狼は3頭、おじいさんは1人。
おじいさん腹に入った時に3等分されているんじゃ・・・
突っ込みどころ満載です(笑
先生たち狙ってたのかな・・・・

2つ目の劇は、ザキが昨日担当していた子どもたちの劇でした。

ストーリーはこんな感じ↓
勉強風景を劇で表わしていると、途中でそれを楽しそうだと思ったばいきんマンが出てきて子どもの1人をさらい逆にアンパンマンと仲間たちに変身した子どもたちにやっつけられる。

このストーリー、展開も無理やりなのですが、キャストも無理やり・・・・
アンパンマンは出てこないし、仲間たちはカレーパンマンや食パンマンではなく、
プリキュアやマジレンジャーなのです。
しかもプリキュアは黒と白ではなく、あくまで黒が2人なのです。
う~~ん・・・
でもかわいいから許す!!

子どもたちは昨日もわりとテンション高めでしたが、
いつも週末しか会えないお父さんやお母さんが来ているのでとても頑張っていました。
やっぱりこういうのを見ると、どの子も同じなんだなぁと思います。
当たり前なことですが、なかなか実感することがなかったような気がします。
障害があることで一種のバリアを張っていたのではないかと思います。
ザキだって眼鏡やコンタクトがないと何もできない障害者なのにね・・・・

ザキは今回の介護等体験を通して大学で学ぶ以上のものを得られたような気がします。
そして、今日の子どもたちの姿を見て更に心にくるものがありました。

ザキ、今までボランティアはあまりやったことなかったのですが、
やってみようかなという気になってます。
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-22 23:07 | イベント日記

ザキの腹の中

いやいやおなかがいっぱいかどうかということではありません。

d0034082_173691.gif


あなたも腹黒度チェック!!

ザキって心のそこからいい子なんですよ♪
(ホントか??)

[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-21 01:11 | 自己紹介