管理人ザキの日記


by zaki-zaki-blog

<   2005年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

uzeeeeee!!

休み中、いろいろなことがありました(=O=)
その中で、Most Worst of Uzai(最高にウザイ)出来事を報告します。

ザキ、休み中前半に前の部活のOBからなぜ部活を辞めたのか説明を求められ、とりあえず会うことになりました。

それが不幸の始まりだったのです。
午後7時     :家からずいぶん遠い待ち合わせ場所に到着
午後7時~10時:OBの車で話をする。なぜか夜景のきれいな場所へ・・・・
午後10時    :ザキ、トイレに行きたくなる。コンビニに行く。
午後10時~2時:なぜか抱き寄せられる。
           下手に降りたら帰れなくなるので(僻地だし)純潔だけは守る。

この40代OBは(←おっさん)
以前部活のイベントに来たときに初めて会ったのですが、
自分の会社に学生バイトが必要になったため、ザキに電話。
そして、
自分の知らないうちにザキが退部していたことを知り、
話を聞くふりをして

お気に入りの女子大生に悪戯してみよう

という不純な動機でザキを呼び出したらしいです。

そして・・・・・
男は最初こそは抑えていた思いを
徐々に出してきたのです。

でも、ザキにとっては

①40代はもうオヤジ
②オヤジは恋愛の対象ではない
③タバコを吸う人は敵
④不倫をしようとする者は人間の屑


という前提があるので無理やり抱き寄せられている間
相当ムカつきながらずっと無常にも過ぎてゆく時を眺めていたのです。

ようやく車から降ろしてもらったときは
男のオヤジ臭とタバコ臭
にまみれてしまってました。

マジきもい・・・・・(--+)

以下、ザキの車内語録↓


「奥さんいるのに何で早く帰らないんですか?」

「浮気って怪しまれても私には責任一切ないので。」

「36歳以上は恋愛の範疇外です。」
(↑福山雅治の歳)

「タバコ吸う人ってプライベートで親しくなりたくないです。」


などなど

ここまで言っても食い下がる奴はもうどうしようもありません。
これ以降無視るのみです。

ちなみに、次の日こんなメールが来ました。
--------------------------------------------------------------------------------
題名:昨日は

本文:お疲れ様。またドライブしたくなったら言ってねフルフル揺れるハートの絵文字
--------------------------------------------------------------------------------

はなはだしいカン違いは大学生までにして欲しいものです・・・・・
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-07-19 00:51 | つぶやき日記

ああっ(>_<;)恥

最近バイト先でオールディーズナンバーがよくかかってます。
そのせいか、なんとなく口ずさんでみることもあったりして。

そこで、初めて気付いたんですけど、
いままで部活ぐるみで信じ込んでいた間違いに気付いたんです!!

まぁ部活とはいえ、もう辞めてしまった部活なんですけどね。

ザキの入っていた部活はいろいろダンスをしていたんですが、
その中でもアメリカ曲に合わせて踊ることもあったのです。

部員同士、マジメにマジメに自分に課せられたノルマ曲を教えあってたのですが、
その中に、『タミー』という曲がありました。
ワルツなんですが、ザキはこの曲担当で、みんなに教えたわけです。

しかし、部活を辞めて半年以上経ったいま、バイト先でかかっているオールディーズの中に、この『タミー』がかかってたのです。
そして、そのサビともいえる部分に差し掛かったとき・・・・・

「これ、タミーって言ってないじゃん!!!!!」

そう。
Tammyでなく、Tell Me だったのです。

えらそうに部員に教えておきながら、間違っていたのです。
いくらカセットに入ってたのが曲のみで声なしとはいえ・・・・・

私の前に教えてた人たちも間違って教えていたのです。
部活ぐるみで・・・・
この部活をやっていた先人たちは大学生のくせに
TammyとTell Me すら聞き分けられなかったんでしょうか?
馬鹿な大学生・・・・・

ま、もう辞めちゃったからいいんですが
伝統ある部活とはいえ先輩の教えてくれたものを信じ込むのは危険ですね。

辞めてよかった☆☆
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-07-11 00:26 | つぶやき日記

女王サマとお呼び!!

皆さん、『女王の教室』というドラマをご存知でしょうか?
阿久津真矢という天海佑希扮する鬼教師と、6年生のこどもたちの対決を描いたドラマです。

ザキは友人のとったビデオで初めて第2回を見たのですが、
かなりコワイ((゜д゜))

あんな先生がいたらザキ、多分登校拒否します。

賛否両論ありますが、
見世物としてはまぁまぁ面白い気がしました。

しかし気になるのは、おぞましい演技をしたあと、
エンディングで天海佑希が一転してダンスしているところ。
多分、彼女に対する世間からの風当たりを考えてのことでしょうが、
なんか変な感じ。
今期は悪役に徹すればいいのに
と思う勝手なザキなのでした。
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-07-10 15:59 | つぶやき日記

いま、会い

ようやく借りることが出来ました!!

そう

『いま、会いに行きます』

主演の二人は、皆さんご存知のようにめでたく結婚されてますが、
ザキはこの映画をまだ見たことすらなかったわけです。

実はザキの中では空前の邦画ブームが沸き起こっております。
今日バイトが始まる前に、時間もないのに
『インストール』
を見てしまいました。

その前はヴィタール、JAM FILMS、花とアリス、血と骨・・・・・などなど
(ジャンルはバラバラですが)邦画アツいです!!(>∀<)♪

ということで、その流れで『いま会い』も見てしまいました。

この映画にザキの特別賞をあげるとしたら、
SMN賞ですね。

え??何の略かって?

S(最近のなかで)
M(最も)
N(泣けたで)

賞です。

まあ、ザキからそんなくだらない妄想賞をもらうまでもなく、いろんな人に評価されてますけどね・・・・・


内容はこんな感じです。
巧の妻、澪は28歳でこの世を去る。巧と息子の佑司を残して・・・・
巧は病気で普通の人とは違い、人がたくさんいる場所には行けない。
1年後、澪の命日に、巧と佑司は雨の降る、森の中にある工場跡に遊びに行く。
すると、なんと死んだはずの澪がぼんやり座っていた。
澪は何も覚えておらず、巧たちは必死に澪が死んでいたことを知られまいとする。
3人は、とても幸せな日々を1から作っていくが、それは期限付きの日々だった。
雨の季節が終われば澪はまたアーカイブ星に戻らなくてはならないのだ。
そして、雨の季節がいま、終わろうとしていた・・・・・
d0034082_2452416.jpg


とまあ、こんな感じ。
ちょうど梅雨の時期だからか、
世界のどこかでこんなことが起こってはいないかと思いを馳せてしまいます。

この映画のオススメ度
★★★★☆

カメラワークも悪くないし、音楽もイイと思う。内容もとてもいいし。
だけど、キャストの問題が・・・・・
中村獅童と浅利陽介はめちゃ似てるんだけど、
竹内結子と大塚ちひろ はあまりにも似てなさ過ぎて気になります。
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-07-10 02:54 | 映画日記

荒れてるといえば…

最近ザキの家は、
ザキの精神状態に伴い荒れ放題です。

やっぱ、やばいな~女の子としては・・・・(--;)

なんて一応考えるわけですが、
一番危機を感じるのがこれです。
d0034082_21358.jpg



これは何でしょう。

月?
オバケ?

イエイエ違います。
これはザキ家のトイレの状態です。

別に豆電気なわけではありません。
むしろ豆電気のほうが明るいと思います。
まだ取り替えて1年たってないのに・・・・
しかも
未練がましく細々と光を放っています。

まるでザキの精神状態そのものです。
やばいな~~。
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-07-03 02:07 | だめザキ日記

映画

ザキ、最近精神を病んでいるような気が多少しなくもないのですが…

これは梅雨のせいでしょうか。
いつもこの時期になると鬱っぽくなってしまって困ります。

さてさて、バイトも終わったのでビデオを一本見ました。

今回は

『ヴィタール』
です。

製作・監督その他もろもろは塚本晋也

主演は浅野忠信です。
d0034082_1375767.jpg



ザキは昨日なんとなく借りてみたのですが、
猟奇的な作品かと思いきや、
全然違いましたorz

<概略>
記憶をなくした博史(浅野忠信)が
医学生となり、解剖実験をする。
そこで献体となった若い女に異常な執着を覚える。
博史は徐々に記憶を取り戻すが・・・・・

d0034082_1465654.jpg
若い女、涼子(柄本奈美)↑

という内容です。
Coccoがエンディングというのもやけに意味深な感じがします。
でも、ザキはCocco好きなので問題ないです(←意味不明)
結構深い感じです。
そして何かしらの愛を感じました。
ぜひともこんな映画を製作してみたいものです。


でも。。。
静かな映画が好きでない人にはオススメできないです。

オススメ度
★★☆☆☆
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-07-03 01:54 | 映画日記