管理人ザキの日記


by zaki-zaki-blog

シアター貸切?!~ハチクロ

昨日また映画行ってきました。
観たのは通称ハチクロと呼ばれる漫画が原作となっている同名映画、

ハチミツとクローバー

です。

ザキは立ち読みで1巻だけ読んだことがあったのですが、
全然1巻だけじゃ帰結点は見えませんでした・・・

なんだかかわいいビラだったので前から気になってはいて、
ラブコンとどっちが面白いんだろうと思いながら少し期待してました。

しかも、彼氏が
「評判いいみたいだよ」
とか言うので期待は膨らむ一方。

いざ雨の中、なじみの映画館に向かい
まだほかの客が誰もいないとこに入ってお気に入りの席を陣取りました。
10分たっても20分たっても誰もほかに来ず、
今回はとうとう2人きりで映画観ることになりました。
贅沢な気分ですよ~~。

<ストーリー>
人間関係に関して不器用で純な青年、竹本(櫻井翔)。
クールでやさしい真山(加瀬亮)。
放浪好きな奇才、森田(伊勢谷友介)。
3人は浜美大生で、貧乏な寮暮らしだったが楽しい学生生活を送っていた。

桜満開のある日、花本先生(堺雅人)の家で花本会なる飲み会を開いていたとき、竹本は先生のアトリエで可憐な容姿ながらダイナミックな絵を描く女の子、はぐみ(蒼井優)にひとめぼれする。久々に大学に帰ってきた森田もはぐみの才能に興味を持ち恋に落ちた。

竹本と森田がはぐに思いを寄せているそのとき、間山はバイト先のデザイナー理香に想いを寄せ、ストーカーのようになっていた。亡き夫のことを忘れられない理香への想いを募らせる真山のことを切ない思いで見つめる山田あゆみ(関めぐみ)。

全員が片思い。
全員が複雑な思いを抱えながら、2つの三角関係を描く。



ザキ正直どこに共感していいのか分からなかったので
貸切状態という超恵まれた環境にもかかわらずずっとぐだぐだ観てました。
いや、ザキがきっと心が荒んでるからに違いないんだろうけども、
正直観るのがしんどかったです。眠かったし。

ん~、多分片思いしてる人とかは
すっごく共感する人もいるんじゃないかと思いますけどね~。
2年前くらいに観たら違ってたかもしれない。
片思いしてましたから。
ザキ想い続けるのが苦手だから面白さが分からなかったのかも。
ザキは片思いの期間が長いなんて耐えられないので、
こんな状況を嫌ってたためにあまり面白くなかったのかもしれません。


要するに向き不向きがあるってことですね。
ザキみたいな現在恋愛不感症みたいになってる人には向いてません。
よっぽど別の観たほうがいい。と思います。

で、今回のザキ的評価は


<感動度>   ★☆☆☆☆

<おもしろ度> ★☆☆☆☆

<胸キュン度> ★★☆☆☆


<オススメ度> ★★☆☆☆


そういえば公式HP見たとき、
なぜかこの映画の感想女の子のやつしか載ってなかったです。
女の子のほうが共感しやすいのかも。

ハチミツとクローバー公式HP
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2006-07-29 23:11 | 映画日記