管理人ザキの日記


by zaki-zaki-blog

Death Note

今日観に行っちゃいました。

今月5本目です。
ちょっと映画館行きすぎな気がします。

今日の映画、デスノートはザキの

だ~いすき

松山ケンイチさんがL役で出ているので、
どんなサイトで酷評されようが行こうと思ってました(つ*´∀`)ポッ


ちなみに今日は調子付いて
クリアファイルセットとパンフレットを買ってしまうという有様でした。

<ストーリー>

死神のノートデスノートを拾った大学生夜神月(藤原竜也)は警視庁の次長である父を持ち、正義感が強く頭脳明晰な青年だった。
彼は自分が悪だと信じるものを次々にデスノートを使って始末していく。

一方、月の起こした犯罪者の大量不審死事件は、神であるキラによる粛清だと世界的に取りざたされ、警察も捜査をしていた。しかしどのように殺しているのか分からない雲をつかむような事件に捜査は行き詰る。

そこに、Lという謎の探偵が解決に向けての名乗りを上げるのだった。

じりじりとキラ(月)を追い詰めるLだが、月はうまく立ち回りしっぽを出さない。しかし・・・・・



多分原作読んでる人も多いに違いありません。
ザキが解説するまでもない感じ。
ザキはL役にばっかり目がいくというかんじでした(腐)

だめだなぁ。

ま、原作に忠実に作られているわけではないし、
原作のファンの方なんかで嫌悪感を示される方もいるでしょうが、
ザキは別にこんなもんじゃないかと思いました。

うん、まぁまぁ面白い。

映画は映画だと思って観ていれば結構面白いですよ。
原作みたいに文字がいっぱい出てくるわけでないので
説明不足な点もあるかもしれませんが
そこは雰囲気でカバーできてると思います。

後編が公開されたらまた観に行こうと思いました。

で、ザキ的評価は

<感動度>   ★★☆☆☆ 

<おもしろ度> ★★★☆☆  

<ハラハラ度> ★★★★☆





<オススメ度> ★★★☆☆


原作読んだらきっと見てみたいという気になるんじゃないかと思います。
読むのに時間はかかるけど・・・・


Death Note映画版HP
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2006-06-21 00:18 | 映画日記