管理人ザキの日記


by zaki-zaki-blog

ウィニング・パス

ザキが愛してやまない松山ケンイチの
初主演作品です。
d0034082_4291630.gif


d0034082_430143.gif
今日レンタルが半額だったのでビデオ屋でブラブラしてたら
とうとう見つけることができました。
嬉しい・・・・

<ストーリー>
小林健太(松山ケンイチ)は高校3年生。部活でバスケやっているが、1人よがりなプレイのせいで監督といさかいを起こし辞めてしまう。彼女の香織(佐藤めぐみ)と将来の話をし、彼女が東京に行きたいという話を聞き、当てもなく自分も東京に行こうという決心をする。しかし、それがもとで町工場を営む両親とけんかをし、やけになった健太は雨の中バイクを飛ばし事故を起こしてしまう。
意識を取り戻すも事故の後遺症で下半身麻痺となってしまう健太。そこに友人たちが病室を訪れ励まそうとする。だが、現実を受け入れられないままの健太は友人たちを追い返してしまう。追い討ちをかけるようにして、彼女の前で失態を犯してしまう。
やけになって自殺を試みるも、父親に止められてしまう。そこで諭され、リハビリをやってみようとする。そこで車椅子バスケと出会うのだ・・・・
激しいぶつかりあいとスピード…まさに格闘技さながらの車椅子バスの世界に、健太は自分の居場所を見出していく。

新しい人生をつかんでいくための、健太の挑戦が始まった…。



大筋はこんな感じ。
恋物語のところは書きたくないので書きません。
爽やかだけど書きたくない!!(`3´)~
だって・・・・私が佐藤めぐみになりたいくらいだから(泣)


しかしさすが文科省推薦の映画だけあって
中高生には見せたいと思うところがいっぱいありました。
でも、なんとなく
車椅子バスケ版中学生日記
って気がしなくもない。
格段に中学生日記よりは演技うまいけどね。

で、ザキ的評価は

<感動度>  ★★☆☆☆

<おもしろ度>★★☆☆☆

<ハラハラ度>★★★☆☆


<オススメ度>★★★☆☆


中高生には是非見てほしいけど
娯楽性は低いので暇があるときにでも見てねって感じの映画です。
松山ケンイチ、佐藤めぐみ、堀北真希のいずれかが好きなら
見て損はないですけどね~。

そうそう、一応車椅子バスケについて言及しておきますが、
車椅子バスケを見たことがない人は是非見てほしいです。
相当エキサイティングなので!!

でも、実際車椅子バスケをやっている人に話を聞いたことがあるのですが、
プレイをまともにできるようになるには何年もかかるそうです。
ここでは数ヶ月で見る見るうちに上達してますが、
ミラクルが起きない限り普通は無理だと思います。
でも、松山ケンイチ自体がザキにとってミラクルなので
なるべく気にしないようにしてました。(謎)
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2006-06-11 04:26 | 映画日記