管理人ザキの日記


by zaki-zaki-blog

変な夢

昼寝しているとき変な夢を見ました。

<ストーリー>
下宿の近くの道を歩いているとき、今まで見たこともない道がありました。

ザキは近道になるのではないかと思い、気になって通ってみることに。
すると、そこには五重の塔のような建物の居酒屋がありました。
そこを通らないと先に進めそうなありません。
なぜかザキはそこを屋上から下の階へ客を見ながら降りていきました。
知人もいてなぜかセクハラされました(怒)

何とかそこを抜けて庭みたいなとこに出ると、今度はもう一つ塔があるのです。
ザキは気になってそこにふつうに入って行きました。
なんか、平安貴族みたいな人たちが暮らしていました。
ザキは早くここを出なきゃ!と思い外に出ました。

でも、さっきと風景が変わっていてザキは庭をうろちょろします。
そこに、着物を着たこれまた平安風の女が周りを気にしている様子でザキの近くに!!
ザキは思わず物陰に隠れたのですが、
女とのぞき窓の着いた壁一枚を隔てる距離になってしまいました。
焦ったザキは、
うわぁぁぁぁ!!
と叫びながら何とか塀を乗り越え表に出ようとします。

すると、

でかいエビやカニやカブトムシなどの甲殻類が
通りをうじゃうじゃと一方向に向かって爆走しているのです!
しかもすべてが家一軒はあろうかという大きさ!
でもなぜかザキはそこを通り抜けて道の向かい側にたどり着きます。

向かい側はふつうの住宅街で
ザキがその向かい側にたどり着いたとたん、
「何をしているんだね!やめないか!」
という声を聞きます。
何とそれは岸辺一徳でした。
彼の視線の先には島田紳助が!
しかもなぜか紳助は
何かを息子が構えるテニスラケットめがけて投げつけているのです。
近寄って見てみると、クワガタやカブトムシなどの普通サイズのヤツです。

何やってんだこいつ・・・
とザキが思っていると、
岸辺一徳が、
「そんなことしたらこの辺の土地の価値が下がるだろう!」
と怒りだしました。
ザキは、紳助の行為より、
デカい甲殻類が家の前の道を走っている方が価値が下がりそうだな・・・
と思っていました。
そして、爆走している一匹の伊勢エビを見て、
これを食べたらおいしいのかな・・・
と考えていました。


ここで眠りから覚めました。
ザキ、変な夢はよく見ますが、
こんな変な夢を見ることは珍しいと思い皆さんにも教えたくなってしまいました。

それにしても支離滅裂な夢ですねw
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2006-05-21 01:53 | つぶやき日記