管理人ザキの日記


by zaki-zaki-blog

パッチギ!

今日授業の合間に見た2本目の作品が
これです。
パッチギ!

井筒和幸監督の作品です。
ザキは初めて井筒監督の作品を見たのですが、
なかなかいけるね。

ストーリー(公式HPより抜粋)↓
1968年、京都。松山康介(塩谷瞬)は府立東高校の2年生。ある日担任の布川先生(光石研)から親友の紀男(小出恵介)と一緒に、敵対する朝鮮高校との親善サッカーの試合を申し込みに行くように言われる。二人は恐る恐る朝高に行くが、康介は音楽室でフルートを吹くキョンジャ(沢尻エリカ)に一目で心を奪われてしまう。しかしすぐに彼女は朝高の番長アンソン(高岡蒼佑)の妹だという事が分かる。

康介は楽器店で坂崎(オダギリジョー)と知り合い、キョンジャが吹いていたのは「イムジン河」という曲だという事を教えてもらう。康介は国籍の違いに戸惑いながらもキョンジャと仲良くしたくて、「イムジン河」をギターで弾こうと決心する。

康介は朝鮮語を覚えるために辞書を買い、坂崎からはギターと歌を教えてもらう。そして坂崎から聞いたコンサートにキョンジャを誘う事にする。勇気を出して電話をすると、その日は自分のコンサートがあるからと断られるが、逆にそのコンサートに誘われた康介は「絶対行きます!」と答えていた。

その日円山公園では、帰国船で祖国に戻る事を決意したアンソンを祝う宴会が行われていた。そこにギターを抱えた康介が現れみんなから訝しげに見られるが、キョンジャの母(キムラ緑子)がキョンジャと一緒に何か演奏するように声をかけてくれた。二人は康介のギターと歌、キョンジャのフルートで「イムジン河」を合奏する。康介はみんなの輪の中に入れてもらい、キョンジャともすっかり仲良くなる事が出来た。

ある夜、康介が川沿いに自転車で走っていると、対岸でキョジャがフルートを吹いていた。康介はいきなり川に入って渡り始める。そしてズブ濡れになりながらキョンジャに「付き合ってくれへんか」と告白する。しかしキョンジャの「もしも結婚する事になったら、朝鮮人になれる?」という質問に、康介は何も答えられなかった。

争い、そして・・・。

アンソンたちは東高校空手部との争いが絶えない。サッカーの親善試合の日も乱闘になってしまい、試合は中止になる。試合後仲間と合流したアンソンは、空手部の大西と近藤たちに待ち伏せされてボコボコにされてしまう。

その頃アンソンの彼女桃子(楊原京子)は産婦人科を訪れ、妊娠している事が分かる。しかし帰国するつもりのアンソンにその事を言い出せず、思わず別れを切り出してしまう。

学校を中退して看護婦になったアンソンの友達ガンジャ(真木よう子)は、ある日お腹の大きくなった桃子を見かけて話しかける。その夜ガンジャはいきなりアンソンに平手打ちを食らわせて「今すぐ桃子に電話しぃ!」と言い残して立ち去る。アンソンは初めて桃子の妊娠を知る。

果たして康介とキョンジャの運命は? そしてアンソンと桃子の未来は?


1969年あたりの話だった。“69”と同じ!?
身近に朝鮮人の友達がいないザキとしてはなんとも不思議な感じでした。
最近嫌韓流という本が出てるけど、
これは日本人と朝鮮人の深い溝と友情が描かれていました。
そろそろ日本も韓国も融和すべき時だと思っていたのだけれど、
あんだけ根本的に嫌われてたらどうしようもないんじゃないかとついつい思います。
別にザキは嫌韓でも好韓でもないけど、分かり合う努力は必要かな・・・・
なんて考えたりして。
暴力シーンがあまり好きではないザキとしては結構見るのが大変だったけど
骨のある映画でわりといいかもしれないと思います。

オススメ度 ★★★☆☆

暴力シーンが多くて怖かったから―★×2
子どもには見せられないと思うのです。
少なくともうちの弟には見てほしくないかも。
確かに面白いけどね・・・

パッチギ!公式HP
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-24 23:37 | 映画日記