管理人ザキの日記


by zaki-zaki-blog

養護学校

ザキ、今日は授業を休んで養護学校に行って来ました。
ザキは教職を取っているのですが、中学校の免許を取るときには
「介護等体験」というのが必要なのです。
ということで今日と明日の2日間養護学校で体験してきます(何を??)

ザキは朝早く起き、自転車をこいで向かいました。
既に遅れ気味だったので、猛スピードでこぎまくりました。

やっと着いたと思い中に入ると・・・・

思いっきり変な目で見られました。
それもそのはず。

隣の建物だったんです(汗

もう朝からグダグダです。
だって学校並みに大きかったし・・・・・(言い訳)

建物を間違えたにもかかわらず何とか到着し、説明を1時間ほど受け体験開始。
学生は20人ほどでした。

ザキの配属は小学校1年生のクラスでした。
3組編成の学年でしたが、1クラスは障害の軽い子のためのクラスで、あとの2クラスは障害の重い子のクラスでした。ザキは後者に配属されました。

ザキは今までボランティアとかにも行ったことなかったので、
障害のある子のお手伝いをしたことはほぼゼロでした。
ザキの担当したクラスの子たちは肢体障害を持ち、知的障害も持つという今まで見たこと、勉強したことしかない子どもたちだったのでどう接していいか全く分かりませんでした。
小学校1年生というと、言葉が通じて話せるというのがザキの今までのイメージだったのですが、彼らのなかには言葉が通じているのかも分からない子も多くいました。
小学1年生だけど1~2歳児と接しているような感じです。

ザキが主に担当したMちゃんは、言葉は通じるけどしゃべるときに何を言っているのか本当に注意しないとわからないという子でした。
表情や身振りでなんとなく分かるけど、まだ知り合って間もないザキとMちゃんが分かり合うということはザキにとってとても大変なことでした。
さらに、バギーに乗せて移動するのですが、乗せるのも降ろすのもトイレに連れて行くにも手を洗わせるときも今まで体験したことのない大変さでした。
先生たちはこれらの作業を毎日やっているのだと思うと、教育と介護の両立というのがいかに大変かが分かります。

ようやく午前中の授業が終わり、1年生は下校しました。

しかしここからが大変でした(--;)
明日の文化祭に向けて準備が始まったのです。


掃除を終わらせ、ザキたち学生は先生方のお手伝いです。
教室中に幕を貼って作品を飾り付けていきます。
1つの教室に何人もいるわりになかなか作業は進まず・・・・
ようやく終わったかと思いきや別のところで看板作りをやらされました。
本来なら子どもたちがやることですが、彼らも忙しいので代わりに先生方がやるのです。
「子どもたちの」文化祭というより、「先生たちの」発表会という感じです。

そんなこんなでようやく5時になり帰れる事になりました。
結局ザキはそのあと講座に出たため
9時過ぎまで家に帰れませんでした(T_T)
 


[今日思ったこと]
介護体験て何??
結局介護は午前中しかしてないよ??


なんというか・・・・これでいいのか・・・・・?
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-20 23:46 | つぶやき日記