管理人ザキの日記


by zaki-zaki-blog

蝉しぐれ

昨日ザキはオタクと呼ばれたことにショックを受けつつ、
お腹を空かせたまま映画のレイトショーに行ってきました。

朝早くから起きてレイトショーというのはきつかったのですが、
蝉しぐれはかなり面白かったので入り込んで観てしまいました。

蝉しぐれだけじゃなく最近日本映画面白いですね。
ザキの映画日記の中でも結構日本映画出てきたと思いますが、
とうとう今っぽい映画から蝉しぐれという文学系映画にも手を出してしまいました。
今度ハリウッド映画でもSAYURIという日本を舞台にした映画があるそうなのですが、
これも観てみようかなという感じです。

蝉しぐれストーリー
下級武士である養父の下で育った牧文四郎。だが、父はお世継ぎを誰にするかという藩の派閥抗争に巻き込まれ、冤罪によって切腹を命じられる。
父の亡骸を家まで運ぶ際、誰も手伝ってくれることはなかったが、たった一人幼馴染のふくだけが文四郎に何もいわず手伝う。
その後、江戸に行くふくと貧乏長屋に住む文四郎は離れ離れに。謀反人の子として数々の試練が待ち受けるが、幼なじみたちの助けと、剣の鍛錬によって日々を質素に、そして懸命に母とともに生きる。
ある日、文四郎は筆頭家老から牧家の名誉回復を言い渡されるが、これには深い陰謀が隠されていた・・・。青春の儚い恋と友情を、美しく広大な日本風景の中で描く。


とても切ないお話です。
そして日本の美しい風景とストーリーがマッチして感動の仕上がりになっています。
時代劇苦手という人でも結構入り込めると思います。

オススメ度 ★★★★★

文句なしにいいです。何も言わずに観てください・・・・・
[PR]
by zaki-zaki-blog | 2005-10-08 13:32 | 映画日記